石巻市の中古一戸建てでは付随する経費も考慮して

宮城県石巻市JR仙石線沿いに3LDKで1,500万円以下の中古一戸建て物件を見つけ、非常に魅力的だと感じています。

月々の支払は42,000円くらいで、今の家賃と変わりません。

手が届く金額かと思うのですが、友人から「経費がバカにならないよ。住宅だと千万円単位の話になって感覚がマヒするから、その前にいくら程度払う必要があるのかつかんでいた方がいいよ。」と言われて自分なりに整理してみました。

新築物件なら不動産会社が自ら販売するとか、販売代理店に任せるとかで仲介料が発生しないこともありますが、中古一戸建てなら、まず持ち主がいて、不動産業者が仲介して売買が成立するわけですから、(1)仲介手数料が生じます。

仲介手数料は400万円以上の物件であれば、売買金額×3%+6万円です。

実はこれが上限で、この金額である必要はないのですが、業界の長年の慣習により、ほとんどこの上限金額らしいです。

石巻市にある地元の業者で仲介手数料を他社と比べて下さいという宣伝を見たことがあるのですが、大手に対抗するために差をつけているのでしょうね。

それから税金のたぐい。

不動産の売買契約書には、収入印紙を貼らなくてはなりません。

収入印紙代すなわち(2)印紙税は1,000万円を超え5,000万円以下の場合ならば1万円です(平成30年3月31日まで)。

土地、建物登記に必要な(3)登録免許税が固定資産課税台帳の価格×1.5%(平成29年3月31日まで)。

登録免許税は登記費用と呼ばれることもあります。

また、登記は自分ではできないので、司法書士に頼むことになるのが普通だと思います。

司法書士に支払う報酬、すなわち(4)登記手数料が5万円から25万円と幅があるようなんですよね。

最後に(5)不動産取得税が固定資産課税台帳価格×3%(平成29年3月31日まで)。

経費はその場で支払はなくてはいけないので、本当にあらかじめいくら程度か押さえておくべきです。

注目ページ…http://oshiete.goo.ne.jp/qa/901821.html